トップページ >  > 無認可保育園について

無認可保育園について

無認可保育園の定義は、決められた条件に沿っていないことで認可が下りていない保育施設をまとめたもので、認可外保育園という名称で呼ばれることもあります。
どこか無認可と聞くと悪いもののような感じもしますが、子供の教育に支障をきたすような環境ではないかというような認識を持つのは間違っているのです。

たくさんの無認可保育園には、施設の広さだけが不足し、あとは認可保育園とほとんど一緒の素晴らしい保育サービスを維持している保育園もあるのです。
運営をするには都道府県などの監査を避けられないため、安全面や衛生面などのような部分も気にしなくても良い施設が一般的なのです。

加えて、仕事をしながら子育てをする母親と子供を補助する目的で、地道な努力を継続している施設も珍しくはないのです。
無認可保育園のケースは、入園をするにあたっては施設側との直接契約を結ぶ必要があります。
それほど細かく預ける理由は問わないので、施設に対する勤務証明や収入証明などのような書類は不要です。

無認可保育園は仕組みをみると、公的な補助が用意されていませんので、認可保育園と照らし合わせてみると保育料やおやつ代などは出費が嵩みます。
このせいで、一生懸命仕事をして貰った給料のほぼ全額が保育料に使わされてしまう場合もあるようです。
数は少ないですが、無認可保育園に向けて行政的な運営支援を実施したり、重荷に感じる保育料の補助が受けられる自治体もあるため、まずは相談するのが望ましいでしょう。

無認可保育園の中には、早朝や夜中でも快く面倒をみてくれる施設が多くあります。
加えて、積極的に保育サービスの中に送迎サービスなどを取り入れているということも、無認可保育園ならではと言えます。

残業などで急にスケジュールが変わることに備えて、わざわざ無認可保育園を優先する家庭もたくさん見られます。
これら以外では、従業員のために設置された企業内保育所であったり、民間運営のベビーホテルであったりというようなところも、無認可保育園に当てはまります。

無認可保育園の定義は、決められた条件に沿っていないことで認可が下りていない保育施設をまとめたもので、認可外保育園という名称で呼ばれることもあります。 どこか無認